シコウノストレージ

自分自身の考えを整理するために書いています。

歪みの定義と取り組み方

先日、これからは変なプライドを捨てて歪みをとることに全力を注ごうと決めた。

自分の中ではある程度の定義はできているが、何となくな部分もあるので一度言語化して書き残しておこうと思う。

 

まず、歪みの定義は「(本質的には)同じことであるのに違うことと」個人的には定義したい。

まぁ分かりやすい例でいえば、所得には税金がかかるがセールには是金がかからないとか。110円の消しゴムを55円で買うのと110円の消しゴムを110円でかって45円取得するのは"本質的には"同じだけど、後者は45円には税金がかかる。(極端に言えば円の前に万を入れるとわかりやすい)

物事はそう単純なことばかりではないが、同じことであるのに違うこととして扱われることが多々ある。そして、どちらかが(極端に)不利になっている場合もある。

 

違った角度から見ると、コスパが良いということができる。これは直に有利不利につながるケースで、同じお金を払っているに得られる効果は完全に上位互換みたいなケース。

個人的には、お金に対するコスパだけを追求している人生は非常につまらないと思う。とはいっても、上記のように完全上位互換が存在するのも事実。

そこをどうとらえるのかと、コストといってお金だけをイメージするのは違うと個人的には思う。

定量的には表しづらいが、心理的コスト、時間的コスト、将来的なコスト、またちょっと違うが投資に対する勉強代みたいな考え方。いろいろある中でどうコスパを定義するかは自由で、その定義を考えるのが醍醐味な部分は正直あると思う。

 

「(本質的には)同じことであるのに違うことと」というのは、考えようによってはいくらでもあるし、人間は定義し判断する必要があるので多くを扱うのは大変で、それだけでは大きな価値を発揮できないと思う。

(だって例えば毎日セール情報検索するの面倒じゃない一つならばギリできなくもないけど)

いかに自動化するかこそが大事な問題だと自分は思っている。

 

これが題名のもう一つの「取り組み方」の部分。

同じことを繰り返し行うのがコンピュータが得意な部分だ。正確さや記録の保存など人間が得意としていない部分の多くはコンピュータにやってもらえば良い。

個人的にはまず簡単な部分から始めようと思っている。

その詳細はまた別の記事に書こう。