シコウノストレージ

自分自身の考えを整理するために書いています。

元気な人

いわゆる陽キャなんて呼ばれたりするけど、常に(見えている部分で)テンションが高い人ってすごいなぁとつくづく思う。

 

これは全く皮肉じゃなく純粋な意味で。

個人的には疲れるのでいつもテンションは低めの方なので、やろうと思わないしそもそも疲れるのになぜテンションを高く保つ必要があるのかと思っていた。

 

/*

自分は結構感情の起伏が少ないほうといわれるけども、それは衝動性という意味であって、外に見える感情の起伏が少ないだけで、まぁ普通の人と同等程度にはあると思う。

怒りだったり喜びみたいな情動を出力するのは疲れるので、素直に出る行動以外は極力必要性を感じないならあまりでない。

例えば、怒っても意味ないものは怒らないとか。だからあまり怒ってないように思われるみたいな。

*/

 

どうでもよい理由は置いておいて、少なくても肯定的な感情は出していかなければならないということを思う出来事に出会った。

元気な人というのは、自分は疲労するけれども周りの雰囲気をよくして周りを元気にするらしいと気づいたからだ。

 

そう思ったのは紛れもなく自分なのだが、自分がテンション低くてもテンション高い人を見ると元気で良いなぁーと思えるから。

多少、そんなに元気で疲れんの?とも思うけれども、元気ならまぁいいかみたいな思考放棄できるから。

所詮他人なので感情なんてわからんし。

 

そんなもんで、肯定的な感情だけでも出力するのは意味のある行為なのだなと認識した。